Martian Moons Exploration (MMX) Mission News

MMXのサンプルに火星の古代大気がふくまれるかも?!

火星衛星探査計画MMX(Martin Moons eXploration)は2029年度に火星の衛星「フォボス」の物質が入ったサンプルカプセルを持ち帰る計画です。このサンプルには、火星の衛星の組成や歴史を明らかにするだけでなく、赤い惑星である火星の歴史をも解き明かす手掛かりとなりえる火星から放出された粒も含まれていることが期待されています。加えて最近の研究では、MMXのサンプルには火星の古代大気の痕跡も含まれている可能性があることを示唆されています。

MMXとTwinkle宇宙望遠鏡が共同で火星衛星の起源解明へ

火星衛星探査計画MMXとTwinkle宇宙望遠鏡は共同で火星衛星の起源を解明します。現在,火星衛星の起源に関しては大きく分けて二つの説があります。

MMX探査機を例とした探査機システム設計の面白さ

限られた質量の中で、将来起き得る事態を見据えた上で、最高効率な組み合わせを準備することが鍵になります。地球圏の人工衛星は地上の迅速なサポートを期待できますが、「はやぶさ」、「はやぶさ2」、そしてMMX(MartianMoons eXploration)を代表とする深宇宙ミッションの探査機システム設計は、ある意味、コンビニなどのサポートを全く期待できない地域を自転車で走る時の準備の考え方に近いかもしれません。

MMXローバ着陸テスト実施中!

火星衛星探査機MMXは2024年度に地球を旅立つ予定になっていますが、その旅路は孤独なものではありません。MMX探査機に先立ってフォボスに降り立頼つ、頼もしい相棒MMXローバとともに、火星圏に向けて出発します。 電子レンジサイズのMMXローバはドイツの宇宙機関DLRとフランスの宇宙機関CNESが協力して開発を進めています。現時点の重量は約25㎏、頑丈かつ軽量なローバ実現を目指しています。今回行われた試験はフォボス表面から40~100メートル上空でMMX探査機から分離した後、自由落下してフォボス表面に着地するときにローバがその衝撃を絶えることできるかを確かめるものです。

4K/8Kスーパーハイビジョンカメラ MMXに搭載へ!

今週、JAXAとNHKは、超高精細な画像を撮影できる宇宙用カメラの共同開発計画を発表しました。2台の新しい「スーパーハイビジョン」カメラ(4K/8K)は、火星圏での火星衛星探査計画MMXの探査の様子を記録することを目的に、MMX探査機に搭載されます。

なぜみんな今,火星探査機を打ち上げるのか?

なぜみんな今,火星探査機を打ち上げるのか?

アラブ首長国連邦(UAE)の火星探査機ホープ,中国の探査機天問1号,アメリカのパーセヴェランスローバーと,この夏、多くの火星探査機・ローバーが打ち上げられます.なぜみんな今のタイミングで火星探査機を打ち上げるのでしょうか??急に火星探査ブームが到来したのでしょうか??