Martian Moons Exploration (MMX) Mission News

なぜみんな今,火星探査機を打ち上げるのか?

なぜみんな今,火星探査機を打ち上げるのか?

アラブ首長国連邦(UAE)の火星探査機ホープ,中国の探査機天問1号,アメリカのパーセヴェランスローバーと,この夏、多くの火星探査機・ローバーが打ち上げられます.なぜみんな今のタイミングで火星探査機を打ち上げるのでしょうか??急に火星探査ブームが到来したのでしょうか??

MMXはかつて火星に輪があった証拠をつかめるか?!

MMXはかつて火星に輪があった証拠をつかめるか?!

火星の2つの月(衛星)がどのようにして形成されたかを明らかにすることは、「火星衛星探査計画MMX (Martina Moons eXploration)」の重要な目的です。現在のところ、火星の衛星の起源に関しては競合する2つの説があります。火星の衛星は小惑星が捕獲したものであるとする説(捕獲説)と、巨大な小天体の火星への衝突によってできたものであるとする説(衝突説)の2つの説が考えられています

火星衛星探査計画MMX ペーパークラフト完成!

火星衛星探査計画MMX ペーパークラフト完成!

皆さんお待ちかねの火星衛星探査計画MMX (Martian Moons eXploration)のペーパークラフトが遂に完成いたしました!

MMXは火星の有機物の痕跡をフォボスから得られるか?!

MMXは火星の有機物の痕跡をフォボスから得られるか?!

火星由来の岩石(火星隕石)から、40億年前の有機物が発見されました。これは、かつての “赤い惑星” が、水や有機物に覆われていたのかもしれないことを示しています。このような太古の火星の物質は、火星の月であるフォボスにも降り積もっていると予想されます。火星衛星探査計画(Martian Moons eXploration: MMX)によって採取されるフォボス試料には、かつての火星に存在した有機物の痕跡が含まれているかもしれません。

フロントローディングの取り組み その1

フロントローディングの取り組み その1

MMXでは,フロントローディングと言われる取り組みを行なっています.

はやぶさ2・マスコットからMMXローヴァーへ

はやぶさ2・マスコットからMMXローヴァーへ

International Astronautical Congress (IAC)という宇宙航空分野での大きな学会(産業界も参加)が10月1日~5日にドイツ・ブレーメンにて開催されました。 開催週の半ばでドイツ航空宇宙センター(DLR)・フランス国立宇宙研究センター(CNES)がHayabusa2に搭載した小型着陸機MASCOTの着陸運用があったこと、そして、それが大成功だったことがあり、Hayabusa2は注目を集めていました。