Martian Moons Exploration (MMX) Mission News

MMXは火星の有機物の痕跡をフォボスから得られるか?!

MMXは火星の有機物の痕跡をフォボスから得られるか?!

火星由来の岩石(火星隕石)から、40億年前の有機物が発見されました。これは、かつての “赤い惑星” が、水や有機物に覆われていたのかもしれないことを示しています。このような太古の火星の物質は、火星の月であるフォボスにも降り積もっていると予想されます。火星衛星探査計画(Martian Moons eXploration: MMX)によって採取されるフォボス試料には、かつての火星に存在した有機物の痕跡が含まれているかもしれません。

フロントローディングの取り組み その1

フロントローディングの取り組み その1

MMXでは,フロントローディングと言われる取り組みを行なっています.

はやぶさ2・マスコットからMMXローヴァーへ

はやぶさ2・マスコットからMMXローヴァーへ

International Astronautical Congress (IAC)という宇宙航空分野での大きな学会(産業界も参加)が10月1日~5日にドイツ・ブレーメンにて開催されました。 開催週の半ばでドイツ航空宇宙センター(DLR)・フランス国立宇宙研究センター(CNES)がHayabusa2に搭載した小型着陸機MASCOTの着陸運用があったこと、そして、それが大成功だったことがあり、Hayabusa2は注目を集めていました。

MMXレゴ模型製作秘話

MMXレゴ模型製作秘話

JAXA研究開発部門の菅原です。 普段は主に人工知能に関する研究や地球周回衛星プロジェクトの支援を行っているのですが、昨年秋頃からMMXプロジェクトの業務にも携わるようになりました。ウェブサイト等でMMXの探査機の3Dモデルを初めて見たときの率直な感想は、「カッコいい!」と「地球周回衛星とだいぶ違う…。深宇宙探査機のことはしっかり勉強し直さないと」というものでした。一方で経験上、仕様書の文章やイラストだけを見るだけでは理解に時間がかかってしまったり、孤独な作業になってしまったりして効率が悪くなるという懸念があり、どうしたら効率よく勉強できるか考えあぐねていました。

iSBスタート!

iSBスタート!

って言われてもなんのことだかさっぱりわかりませんね.まず,SBとはなにか?から始めましょう.SBとは,ソフ〇バン〇のことではもちろんなくて,サイエンスボード(Science Board)の略称であり,ここでの「ボード」は役員会などを意味するボードと同じ使い方です.すなわち,我々,火星衛星探査計画(MMX)のSBとは,MMXにおけるサイエンスに関する最高意思決定機関と位置付けられています

第一回MMXリモセンコンソーシアム国際会議

第一回MMXリモセンコンソーシアム国際会議

第一回MMX*リモセンコンソーシアム国際会議が立教大学において2018年3月9~10日の2日間、MMXリモセンコンソーシアム主催で行われました。